2017年09月13日

麟閣的家庭用電車遊戯活動!(超級) 昼の部・夜の部

9/10(日)、ロフトプラスワンウエストへ。

麟閣的家庭用電車遊戯活動!(超級) 昼の部・夜の部

と言う、いわゆるパチモノゲーム(無許可な偽物ゲーム)の祭典?へ参加してきました。
(あまり大きな声では言えない)

パチモノゲームコレクター(なのかな?)の麟閣さんを核とし、同様な怪しいゲームコレクター、サポートとして正規品ファミコンコレクター、と言った方々がご自慢のソフトを紹介していくイベントでした。

昼5時間、夜5時間と言う長丁場でしたが、いわゆるプレイ実況のように紹介していく手立てだったため、どちらの部もあっという間でした。

詳細は大幅に省きますが(お察しください)、非常にディープでヤバくて楽しいイベントでした。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 08:51| 大阪 ☁| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル in 大阪

5/27(土)、阿倍野キューズモールへ。
「ドラゴンクエストXI カウントダウンカーニバル」へ行ってきました。

イベント公式サイト http://www.dq11.jp/carnival/index.html

「ドラクエ11」の発売前全国巡業の初っぱなが大阪からで、順番に福岡、名古屋、札幌、東京とそれぞれ2日間開催で、PS4版と3DS版を先行体験できたり各種イベントもあるようです。

その各種イベントの1つとして堀井雄二さんのトークショーが初日にあったので行ってきたのです。

堀井さんと言えばドラクエの人ではありますが、アニメ誌「月刊アウト」を購読していた身としては、ゆう坊でもあるわけで(「週刊少年ジャンプ」でもドラクエ記事の際にはゆう坊を使用していたんでしたっけ)。

トークショーの開始は13時から。
カーニバル自体は10時から開始されており、事前検索によるとオープン前から100人ほど並んでいたとか。

試遊は配布物を受け取る時点でPS4版か3DS版を選んでそれぞれの待機列へ並び待つよう。

試遊台、それ以外にも自作スライムをお絵描きできるコーナー(それを取り込んでモニター表示される)、フォトスポットなどある中、ステージもあり、もうぎゅうぎゅう詰め。

5分押しくらいでイベント開始。
進行がタレントのジョイ、堀井さんとスクエニの齋藤陽介さんとで基本情報、開発秘話?とかされた後、ジョイによるPS4版、3DS版それぞれのプレイ実況。
最後に初だし情報と言った流れでトークショーは進行していきました。

縛りプレイがシステム側から選んで出来る。
その内の1つが「買い物ができない」(戦闘・宝箱からのみの入手、ってわけであろう)と言うもので、他にいくつか縛り設定があるそうな。
ちなみに、縛りプレイはいつでもギブアップできるそう。

16時からは「ドラクエ10TV」をやるそうでしたが、夜勤のため離脱。

とは言えせっかく来たので配布物をもらうためにだけ並んで、無事入手後には帰りました。

体験プレイはまあ本番に遊べば良いかな、と。

ただ、買うのはハード持ってる3DS版になるから、可能ならPS4版を触りたかったけどね。

うーん…とてもじゃないけどサインもらえない状況でした。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 15:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

bitsummit 5th

今年も京都みやこメッセにて、インディーズゲームの祭典「bitsummit」が5/20・21(土・日)にて開催。

ひとまず初日へ行って来ました。

インディーズゲームとは言うもののアマチュアだけでなくプロも混じっての祭典。
楽しいゲーム作ってウチで売ってよ、って事なんでしょう。
後援に任天堂、ソニー、Xboxなど主要ハードメーカーが今年も名を連ね、自社ハード対応ソフトも宣伝しております。

販売を担うのがパブリッシャーで、製品製作がデベロッパーでしたっけ。
このイベントに出てる多くはデベロッパーばかりなんです。

名の通ったところではゲームフリーク、プラチナゲームズ、インティ・クリエイツ、グラスホッパー・マニフィクチュアとかでしょうか。

10:20からだったかのプラチナゲームズ稲葉さんの講演は聴き逃してしまったものの、続くゲームフリーク、インティ、グラスホッパーのは視聴。

んー、主に自社ゲームの宣伝だったか。
作るに至った経緯や発表の場(ハード)の理由なんかも話はされていたけれども。

とにかくスチームだとPCさえあれば全部まかなえ、専用の機材(対応ハードの開発機)が不要な点が最大の強みのようですね。

そらそうだわな。

試遊もいくつかやりました。

インティのニンテンドースイッチ向け、「マイティ・ガンボルト」の新作?
「ロックマン」テイストの横スクロールアクションゲーム。
死んでパターンを覚えるゲームなので、そこで好き嫌いは起こるかも。

グレフの「閃光の輪舞曲(ロンド)2」。
ゲームセンターで稼働してた初期作から知ってはいるが何気に初プレイでしたわー。
お陰でどうプレイすべきか手探りで…
ふむふむ、これが対戦シューティングか、と思いながらプレイ。
表現方法が違うだけで、ヴァーチャロンと同じようなもんか?

チームひねり揚げ(違う)「リフレイン」。
旧知のネッ友が製作に関わっているゲーム。
ザ・弾幕美、と言われてる(らしい)のを目の当たりにする。
変態的に画面を覆いまくる敵の弾幕だけど、ちゃんと見てれば避けるルートも示されている。

何これ…どんな設計なんだよ…プレイヤーからすればシューティングだけど、製作者からするとパズルなんじゃないのか。

プレイヤーが弾に当たらない安全地帯とそれを縫うように展開される弾幕って図は。

祭典特化でスチーム版購入キーカードが割引販売だったり、ゲームだけでなく関連グッズも販売されてたり、会場内には前回もあったけど飲食販売と飲食用テーブルがちゃんとあったりとぬかりはないと言うか、まるで文化祭のようだ。

一般的なパッケージゲームなんかは取り扱いないけれど、ダウンロード専売の知る人ぞ知るゲームにも面白いのたくさんあるなあ、と改めて思いました。

「悪魔城ドラキュラ」テイストのゲームもやってみたかったなあ(行列なかなか減らずに断念した)
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 15:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

発想力トレーニング講座「想像と言葉」

7/7(月)、ロストプラスワンウエストへ。
米光一成さん主催のイベント「発想力トレーニング講座「想像と言葉」」へ参加しに行ってきました。

OPEN 18:30 / START 19:30
前売・予約¥1500 / 当日¥1800(+ドリンク)

【出演】米光一成(ゲームデザイナー)

ゲームデザイナー(代表作「ぷよぷよ」「BAROQUE」等)であり、立命館大学の教授であり、宣伝会議「編集ライター講座上級クラス」講師でもある米光一成がお届けする「発想力を鍛えるトレーニング」ショー。
ものづくりの根幹となる発想力を鍛える仕組みを解説し、鍛えるトレーニングを実際に実践してみるワークショップ形式のエンタテインメントショー。
準備不要、ペン1本だけ持ってくればOK。楽しみながら発想力がメキメキ鍛えられ、終わるころには湧き出てくるアイデアにワクワクしていることでしょう。
(ロストプラスワンウエスト・イベント告知ページより)


今回が初のLPOW(ロフトプラスワンウエストの略。らしい)。
何とか開演10分前くらいには到着。
会場はそれなりに埋まっていたが、前が空いていたのでそこへ着席。

時間丁度にイベントは開始。
それぞれの間に10分間休憩をはさみ、3部構成で行われました。

えー…非常に楽しかった事は覚えてるけど、全体的な流れは早くも忘れちゃったぞ…
時系列の前後関係は忘れちゃいましたが、それはあまり重要ではないので良いか…

まずは飲み物で乾杯し、「米光一成とは一体何者なのか?」をスライド画像を用いて自己紹介。

多分、その前だったかな?
「先に食べたいし、ワークショップ形式で周囲の人達とチーム組むから自己紹介とかしていて」
と言う出だしからのユルさ。

全体を通しては、
「みんなを納得させられるが平凡ではない物を発想してみよう」
と言った感じのイベントですかね。

例えば、この様な出題が。
「丸い物で ち(がつく言葉。濁点・半濁点がついても良い)」

その環境により多くかぶる回答は変わるそうですが、一般的には「地球」が多いようです。
でもこれだと一般的過ぎて面白味はないわけです。

あー、なるほどー、それもあるかー!?
と思わせる、意外性や奇抜さはなくとも共感できるモノをいかに思い浮かべる事ができるか、です。

多くの人がいる場でやる場合は、答えがかぶるとアウト。
また、逆に共感度の低い分かりにくい物もアウトとなります。

他には、
「黒いもので う」

国語として間違ってるが、ルール上の制約ではセーフなものとして「ヴラック(ブラック)」と言うのが過去には出たそうです。

上記の発想力トレーニングは、『大東京トイボックス』(うめ/幻冬舎)にも、作者が米光さんのこのワークショップに参加したことにより使用されるシーンが登場します。

以降も、タイプは違うものの様々な発想力トレーニングが行われました。
それぞれ紹介したいけど、参加された時の楽しみを奪ってしまうので割愛。

実はこれら行われた発想力トレーニングは教鞭を取られている大学での授業でも実際使われたものなようです。

最後は「想像と言葉」と言うアナログゲーム大会でした。
検索エンジンから着想を得て誕生したこのゲームは、チップに単語が書かれており、親が巾着から無造作に3枚取り出し、その3つの言葉から連想・発想される言葉をプレイヤー全員で考え、答えがかぶるとその人数分のポイントが得られる、と言うものでした。

…で通じますかね?

プレイヤー間で親を交代しつつ、獲得ポイントが多かった人がそのチームの勝者となり、最後はまさかの壇上での決戦に。

そしてなぜかそのような場で決戦に登りつめ、なおかつ、決勝戦まで残ってしまった私。
最後には負けてしまい2位で商品は得られずでした。

うう…トイボナイトの時を思い出してしまった…←この時も2位で商品無し

ワークショップの性質上、チームを組む必要があり、初めて会った方々ばかりだったけど、何となく親しくなれたような気もしたし、一緒に楽しめた面白いイベントでした。

最後にはファミコンディスクシステム版「ぷよぷよ」に米光さんにサインも頂きました。
その際(と米光さんによる自己紹介時)に、ファミコンディスクシステム版&MSX版「ぷよぷよ」の開発裏話が聞けて更に楽しめました。

どうもありがとうございました。

「想像と言葉」は買っても良かった(2000円で販売していた)んだけど、以外と飲食にお金使っちゃったんで自粛しちゃいました。
ま、買っても誰とどこでやるんだ?って話もあるのですがね…

ところで私の発想力はこのワークショップにより多少は鍛えられたのであろうか?
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 12:15| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

豪翔伝 その2

GBA『豪翔伝』の続きです。

図鑑が100%になりました。

単純にまだ奥地まで行ってない地域があり、そこを進めていったら図鑑が埋まりました。

『原作者』石川賢
『虚無戦記』無限弥勒/黒死丸/泣きのグズ蟲/無限大権/伊佐入道/海野六郎

100%になった事で戦闘で固有技を出せるキャラはそれぞれの技が全て解禁表示されるようになりました。
(それまでは本編で使用した技だけが表示だった)

あーしっかり楽しめたー。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 09:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

レジェンド オブ ダイナミック 豪翔伝 崩界の輪舞曲(GBA)

「レジェンド オブ ダイナミック 豪翔伝 崩界の輪舞曲」(GBA/バンプレスト)をプレイしました。
この豪翔伝、永井豪&石川賢ワールド版ヒーロー戦記(PRG)とでも言うんでしょう。
有名どころはもちろんマイナーな作品まで登場します。

ゲームオリジナルな主人公とヒロインの名前を決めるとストーリーが始まり、キューティーハニー・ルートかデビルマン・ルートへ進む事になります。

このルートによりストーリーが若干ハニー編とデビルマン編とに別れ、登場作品も一部変わってきます。

お話は色々混ざっているけれど、あぁ永井豪作品だな、と言った感じです。
たぶん。

最終的にラスボスを倒すと自動的に2周目に突入し初回とは別のルートでの再スタートになります。

3周目は自動ではじまりませんがキャラアソートで主人公が外せるようになり、隠しボスが登場します。

戦闘シーンでは固有の必殺技を使用するとカットインアニメが挿入され雰囲気をよりかもしだします。

しかし、その技を出すには戦闘キャラに対してサポートキャラを選択(最大3人まで)する必要があるのです。
その組み合わせによって使える技が違ってきたり、サポートキャラによって能力値の補助能力も違うので色々と考えさせられます。

このゲームでは一般的なファンタジーRPGのように武具を装備するわけではなく、装飾品とサポートキャラで戦闘能力の補助を行うだけです。

またザコ敵は同じ種族の色違いが多くちょいと飽きがくるかも知れません。
使ってくる技自体はそれぞれ特有のモノはもっているのですが。

それでも有名作品しか知らない私でも結構楽しんでプレイできました。

登場作品とキャラは以下の通り。(キャラ図鑑95%/50音順)

『あにまるケダマン』阿仁丸ケダマン/怒良野キラー/間身井の姉/間身井くん/トバッチリ
『あばしり一家』悪馬尻菊の助/悪馬尻五ヱ門/悪馬尻直次郎/悪馬尻吉三/悪馬尻駄ヱ門/法印大子/生首団十郎/悲惨将軍
『イヤハヤ南友』家早南友/家早さよこ/果扨胴下/大本営惨坊/果扨虹蛇
『おいら女蛮』女蛮子/男男子/女蛮千代/豹絵理座
『オモライくん』オモライくん
『キッカイくん』摩呵キッカイ/摩呵フユカイ/ドクター・ポチ/アルフォンヌLS3世/真臣墓世
『キューティーハニー』如月ハニー/キューティーハニー/秋夏子/早見青児/早見団兵衛/如月博士/トマホーク・パンサー/シザース・パンサー/ドラゴン・パンサー/シスター・ジル
『けっこう仮面』けっこう仮面/高橋真弓/サタンの足の爪
『ゲッターロボ』流竜馬/神隼人/巴武蔵/早乙女博士/ゲッター1/ゲッター2/ゲッター3/ガロ/地底魔王・ゴール/ジガ/ラド/モバ
『原作者』永井豪/(石川賢)←まだ出してない
『豪翔伝』主人公(につけた名前)/ヒロイン(につけた名前)
『手天童子』手天童子郎/戦鬼/護鬼/白鳥美雪/邪腕坊苦梅/鬼谷妖次郎/魔動鬼/アイアンカイザー
『凄ノ王』朱紗真悟/英雄王真神/雪代小百合/美剣千草/合田/佐々木剣道/瓜生麗
『デビルマン』不動明/デビルマン/飛鳥了/牧村美樹/牧村タレ/木刀政/ジンメン/シレーヌ/カイム/サイコジェニー/ゼノン
『ドロロンえん魔くん』えん魔くん/雪子姫/カパエル/閻魔大王/シャッポじい/猫夢/ハチの巣入道/怒黒
『バイオレンスジャック』バイオレンスジャック/逞馬竜/早乙女門士/身堂竜馬/あゆ子/スラムクイーン/スラムキング
『ハレンチ学園』柳生十兵衛みつ子/山岸八十八/袋小路/パラソル/マカロニ・キッド/ヒゲゴジラ/丸ゴシ
『魔王ダンテ』宇津木涼/ダンテ/メドッサ
『魔獣戦線』来留間慎一/天外真理阿/天外富三郎/ユダ博士/シャフト博士/来留間源三
『マジンガーZ』兜甲児/弓さやか/ボス/マジンガーZ/アフロダイA/ボスボロット/ヌケ/ムチャ/弓教授/兜十蔵/あしゅら男爵/ブロッケン伯爵/ドクター・ヘル/ゴーストファイア/キングダンX10/機械獣あしゅら男爵
『迷探偵!!イボ痔小五郎』イボ痔小五郎/こややし少年/ポール玉玉

このゲーム、攻略本出てるらしいのでちょっと探してみよう。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 15:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

ロストヒーローズ(3DS)

「ロストヒーローズ」(3DS)をプレイしました。(クリア済み)
http://compati.channel.or.jp/lost-h/

ウルトラマン・シリーズ、仮面ライダー・シリーズ、ガンダム・シリーズの登場キャラ(ガンダムは意識を持ったロボとしての登場)が集うコンパチヒーロー物の3DダンジョンRPGです。

普段は別世界で活躍しているそれぞれのヒーローが亜空間で一緒に。
しかしそこでは本来の能力が失われており謎の元凶を追いつつ能力をも取り戻して行くってお話です。

そのままでも面白いゲームだと思いますが各種ヒーローに思い入れがあれば面白さは格段に上がります!
モーショーンとか必殺技を使う時の演出とかBGMとかもう最高!

システムに若干の不具合(仕様?)などがあるものの、敵はそれ相応に歯ごたえがあり、能力を取り戻して行く方法はポイント振り分けでのスキル解禁なので完全復帰までは自分好みの成長が(わりと)可能です。

パーティーメンバーには加わる事が出来ない仲間もサポート能力要因として攻防のアップダウンで戦闘を助けてくれます。

素のままでは成長しても限界があるので装備アイテムで能力値補正しないと厳しいのですが、そもそもの装備アイテム用合成素材を集めるのがこれまた一苦労だったりも…

それでもラストまで一切ダレる事なくハイテンションで遊べましたよ。

惜しい点はせっかくコンパチヒーロー物なのにコンビネーション必殺技が少なかった事。
ウルトラマンゼロとガンダムOOのW宮守での技を見たかったー!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 10:30| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

タイムトラベラーズ(3DS)

去年遊んだソフトの1つ『タイムトラベラーズ』(3DS/Level5)。
http://www.level5.co.jp/products/timetravelers

題名から分かるとおりタイムトラベルを扱ったアドベンチャーゲームです

数人いる登場人物ごとにストーリーを進めて行き、ロックがかかったら他のキャラで問題を解決して先へ進めて行きます。

そうする事で当初バラバラだった事がある1つの事件を解決して行くものへと判明して行くのです。

全編、キャラがしゃべりまくるので選択肢のある映像を見ているかのようです。
わざわざ選択肢失敗用にも映像・音声共にあるのだからつい見てしまったり。

また、タイムトラベル物と言う事でそれを題材とした作品へのオマージュとかもあって知っていれば笑える箇所も。

プレイ中は物語にどっぷりつかっていたためクリアした時はもう終わってしまった、と思ったものでした。
(と言ってもプレイボリュームが少ないわけでもないです)

時間旅行物が好きな方はプレイされてはいかがでしょうか?
(…でも好き嫌いはあるかもなー…)

クリア後は女性登場キャラ:みとこと時間通信が出来る特別ゲームが解禁されます。
いわば「タイムトラベラーズ版ラブプラス」と言った物になっていて好感度を上げると色々あるみたいですよ。

本編プレイでみことがかわいく思えた人はプレイ必須です。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 10:40| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

世界樹の迷宮4(3DS)

「世界樹の迷宮4」(アトラス)をクリアしました。
http://sq4.atlusnet.jp/

3DダンジョンタイプのRPGです。
5人までのパーティーを組んで階層にあるメインダンジョン(サブもある)をクリアして行き、次なる階層へと進んで行き世界樹へと向かって行くと言う風に今回は変わりました。
(前は巨大な世界樹一本の中がダンジョンだった)

体験版からガッツリとプレイしていたもんでその勢いで製品版も買ってしまい、それすらもズズイーッとプレイ進行してたらクリアて、ちょっと急ぎすぎだな…

このゲーム、wizardry同様かそれ以上な感じに下の階へ進むと途端に敵が強くなるんですよ。
それを歯ごたえと取るか不条理な難易度ととるかせ好みが別れるでしょう。

今回は敵モンスターが3Dモデル化されており戦闘中落ち着きなく動きまくっています。

また希少種と言う金色に輝く奴が出て来て、そいつは通常のものより得られる経験値が高く(でも基本能力は底上げされている)倒すとオイシイのですが、徘徊ボスであるFOEってのがいるんですぇど、そんなのにも希少種がいるため倒せるレベルになるとガンガンレベル上げに利用出来てしまったり。

そうでなくともマッピングミスで(タッチペンを利用して自分でマップを埋めて行く必要があります)通路を行き止まりに書いてしまい、道が無い無いとウロウロしてたら不要にレベルが上がってしまったり…

結局、ラスボスに行き着く前のかなり手前、えーと、ラスボスがいる階層の1つ2つ前にはレベルがカンストしていましたよ。(でも初回プレイ時のカンストは70)

自分ルールで、能力値アップの元は使わない、サブスキルは取得しない、引退させない(レベルは半分になるがスキルポイントが多くなる。※このゲームは自動でスキルを覚えるのではなくポイント振り分けで覚える)、戦闘終了時誰か死んでたらセーブ箇所からやり直し(経験値を揃える。ロストとか無いから戦闘に緊張感を持たすため)など適当に枷を作ってプレイしてたけど、まぁ、スキルの配分もわりと良かったのであろうし、アイテムも結構惜しみなく投入したお陰もあり(レベルはMAXだったわけだが)ラスボスも一度の挑戦で撃破。

…でも、かなりギリギリだったよ…

ひっさびさにRPG楽しんだー。
これからクリア後の難易度さらに高いオマケダンジョンとかあるんだけど、こっからはもう適当に遊ぼう。
本筋は攻略情報を見ないでプレイしてたけど、オマケはそんなの気にしないのでね。

ちなみにパーティー名、キャラ名は1作目から引き続き、「ひみつせんたい」で、「アカ、アオ、キ、ミド、モモ」の5人の戦士でしたー。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 00:43| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

モンスターハンター3(トライ)G

3DSの「モンスターハンター3(トライ)G」を購入。
友達の所でPS2の何作目かをちょろっとプレイした事はあるものの実質はこれが初プレイ。

えーっと…巨大怪獣との格闘とはぎ取りってイメージだったんですが、小動物の狩りと採取・採掘・釣りとか地味な素材集めばっかりですね。

と思いながらゲームを進めていたらとうとう来ましたよ!
対怪獣戦キター!
エリマキトカゲとアヒル(グンカンドリか?)だけど!

よか思いつつベースとなる小島でのクエストと別の島でのクエストをちまちまやってたら…奴が来た…

アヒル討伐クエストの最中にドラゴン登場何て聞いて無いよー!
邪魔され無残の敗退。

他のクエストにもチョウチンアンコウとか色々とデカブツが登場しだしたがなかなか手に負えない始末。
素材が集まらずそいつらを倒すための武器が、身を守るための防具が作れぬ!

ひたすら狩れば良いだけなので攻略本は特に必要に思わないが何かヒント載ってるんかな?
いや、そのヒントもプレイの中から見つけるのがたのしいんだけどね。

まー、ぼちぼちとプレイを重ねるしかないかー。

これが初プレイなので操作には全く不便は感じてません。
それだけが特権か。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 17:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

モンスターハンター3(トライ)G

nintendo3DSソフト「モンスターハンター3(トライ)G」(カプコン)を買いました。

以前友人のPS2版「モンハン」(2以降?)をちょこっとプレイした事はあったが(でも釣りしかしてない)実質上これがモンハンデビューです。

PSやPSPでのプレイ癖に慣れて無いから3DS版も違和感無くプレイ出来るだろうと軽い気持ちで購入。

しかし…狩猟ゲームなはずなのに採取とか採掘しかしてないよ?
いや、一応獣との戦闘もあるにはあるけど。

単にランクが低いからそれっぽい大型種との戦闘が無いだけなのかな?

まぁ、ボチボチとやっていこうと思います。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 22:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

かまいたちの夜 アドバンス

先日やーーーっと!
『かまいたちの夜 アドバンス』をクリアしました!
それも「金のしおり」で!

「ピンクのしおり」には休止をはさみながらでもそこそこ早く(主観で)たどり着いたのですが、「暗号編」での隠しシナリオに引っかかって(そんなのがあると思わなかったので)、「ふしぎなペンション編」になかなか行けませんでした。

で、その「ふしぎなペンション編」ですがいやー笑った笑った。
「wizardry」のパロディにニヤつきが止まらず、周囲の人は気持ち悪く感じてたかも(苦笑)。

とにかくくだんの名作『かまいたちの夜』をようやっとプレイし完全に遊び尽くしたのでありましたとさ。

便利な分岐ルート表示やそこまで飛べる機能やエンディングリストなど非常に痒い所に手が届く仕様だったので大助かりでしたー。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 10:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

かまいたちの夜 アドバンス

GBAでソフトが出てるのを知り「かまいたちの夜 アドバンス」を買ってプレイし始めました。

今までスーファミやPSで出てたけど、どっちのハードも持って無かったのでプレイする機会が無かったのですよ。
検索してたらGBA版が出てた事を知り(当時は気付かなかった) 日本橋まで出て買って来たのです。

サウンドノベル自体はGBCの「夜光虫」をプレイした事あるので、電子ゲームブックと言える代物って事は分かっています。

しっかし…「かまいたち」は選択肢が多いし、ミスリードも多いし、推理して進めようと言う思いと、あちこち選んでシナリオを楽しみたいと言う思いがせめぎ合って非常にプレイしづらい!

ゲームなんだから好きに進めりゃ良いんだけどね。

ひとまず2周目まで終えました。

1周目。真理に突き刺され。終。
2周目。なにわの商人。終。

…バッドエンドしか見れてない…

おのれー!我孫子武丸めー!
とつぶやきながらプレイしております。

※ @uesaman000 と言うアカウントでTwitterしとります。
アドレスは http://twitter.com/#!/uesaman000
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 12:54| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

アリス・マッドネス・リターンズ(XB360)

『アリス・マッドネス・リターンズ』(Xbox360版)をクリアしました。
http://japan.ea.com/alice_madness_returns/

「不思議な国のアリス」をモチーフにしたアクションゲームの第二弾です。

ただ、このアリスは非常に病んでます。
精神が崩壊しかけ?

そんな彼女の状態がネバーランド、じゃなくワンダーランドにまで反映されてしまっており、世界観もかなりグロい感じ。

武器もナイフやチェスのナイト型ハンマー、胡椒弾き型マシンガンにティーポット型バズーカ砲と言った品々。

アリス自体も決して日本の感性からしたら可愛いとは違うルックスをしているのではないかと。

んでも、ゲーム自体は謎解きをしながら、時にギリギリのアクションを強いられる、良質なアクションゲームなのですよ。
ステージの雰囲気が変わってるだけでやってる事はほとんど同じでマンネリ感も出ないでもないが、新たな敵も出てくるし、なによりもこのゲームはもとよりこの歪んだ世界を楽しむモノなので細かい事は良いのです。

ただ、この世界観に馴染めるかどうかが一つのポイントであると思うけれどね。

私は初期作「アリス・イン・ナイトメア」をMacの体験版で観て遊んで、このイカれた世界観(最初のも実はそんなだった)にハマり込んだのでこの続編が楽しみで仕方なかったのです。

結果は満足しております。

又、このソフトはPS3版もあるそうなのですが、Xbox360版にだけ初期作のダウンロードコードが付いているんだそうです。
残念ながら英語版なのだが、この際、文句は言うまい。

あ、ちなみに本作は英語音声の日本語字幕となっております。
観るべき箇所が多いのに字幕って!しかもサイズが小さくてビデオ端子接続じゃ文字が潰れて読めねーよ!

って事でクリアはしたけど内容は半分くらいしか把握しておりません(おい)。

あー面白かった。
ゲームでストレスたまるの嫌だからイージーでプレイしたんだけど、まだノーマル・ハード・ナイトメアって難易度が残っていますよ…
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 21:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ユニバでモンハン

USJでモンハンイベントですって!?
http://www.usj.co.jp/mhp3/

いやーもー何でもありだな。
てか、わざわざユニバにまで行ってモンハンやるの?
アトラクションも限定で開催?

(実はよく分かってない)
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 23:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

第二次スーパーロボット大戦Z 破界編

ディスクなのでしゃべる!「天元突破グレンラガン」と「六神合体ゴッドマーズ」のために買った!と言っても過言ではない。
これで当分、借りたままのPSPは返せません。
そしてドップリとハマるだろうからただでさえ滞っているブログの更新が更に遅くなるかも。

どーもすいません。

しっかし戦闘アニメはよく動くなぁ。

後、CGのオープニング長い、長すぎるよ!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 21:48| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

つい

昨夜、仕事帰りにヨドバシ梅田へ寄ったら3DSが売っていたのでつい買ってしまった。
いやほら、今、DS調子悪いから。(修理に出せよ)

同時に「ファンタシー・スター・ポータブル2インフィニティ(PSPo2i)」(PSP)をも購入。
いやほら、特価だったから。(ポイントが価格分ほどたまってたし)

そして今月半ばには金欠におちいるのであろう。(無計画)
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 08:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

FABLE3(xb360)

Xbox360ソフト『FABLE 3(フェイブル)』を久々にプレイ。

サブクエストを2、3クリアすると本編を進めるって手法でやってたけれど、あれよあれよと本編が進みいつの間にやら国王になり統治をすすめる第二部をプレイする羽目に。

その第二部がね、結構厳しい内容なのですよ。

ネタバレになるので詳細は省きますが、国王になったら国の管理・運営をしていかないとダメなんですよ。

独裁的な圧政を敷いていた兄をレジスタンスと共にはねのけたのだから今までとは逆の統治をしていきたいところではあるんですが、そうすると出費ばかりがかさんでしまうんです。

国の金庫から金が出て行くばっかり!

貯蓄をする方法ももちろんあるのですが、その方法は民衆には不評そうなものばかり。
前国王ばりの悪政も多少はしないと国庫金が増えないのです。

何だこの一気に減るけど民意が上がる、増えるが不評ってシステムは!?
振り幅でか過ぎるわ!

仕方がないので私腹を肥やしながら(商店や家を購入し家賃などで収入を得たり、国王なのにバイトして稼いだり)そこから国庫金に回す始末。

あーもー、一年後に迫り来る脅威に対向するための国防費ってうぜー!

どうせその際には国王自らも戦線に立たなきゃならないんでしょ?
じゃー自分だけ強かったら良いんじゃないの?ダメなの?

とか思いながら空いた時間にプレイしているのです。

国王になる前にもっと貯金しとけば良かった。
額がトンデモナイからそんなんじゃ足りなさそうだけどな!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 19:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

PSPo2i

PSPo2i(ファンタシースターポータブル2インフィニティ)の体験版を入手してからまめにプレイしています。

主にインフィニティモードとか言うやつで、ドラクエ9で言うところの宝の地図みたいな感じ?のもの。

主要キャラのレベルが100ちょいなので敵のレベルが100超えるとちょいと厳しい展開になりますが、ぼつぼつとプレイし続けるのである。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 22:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

ウルトラ警備隊モンスターアタック(GBA)

マイケル・ジャクソンのリズムアクションゲーム、PSP版は完全制覇し、DS版は制覇はしてないものの一段落ついたので、今は別のゲームをやっています。

もう何度目のプレイなのだろう?
『ウルトラ警備隊モンスターアタック』がソレ。
http://www.rocketcompany.co.jp/ultra/index_intro1.html

まぁ、あれですよ。
ウルトラマンの映画やDVD観ててムラムラ来ちゃったわけですよ(笑)。

一先ず強化しまくりつつ最後まで行ったら今度は新規プレイしようかな。
ちょっと強化しすぎて、怪獣の怖さが体験出来なくなってるので。
やっぱり怪獣の攻撃をちょっとでも喰らうと大打撃を受けるくらいの貧弱な装甲じゃないと!(おい)

強化して良いのはエネルギー量(ビーム兵器燃料と飛行燃料を兼ねている)と武器の攻撃力くらいだな。
それも双方そこそこで。

マゾプレイ?
そーかも!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 23:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする