2018年11月24日

「走れ!T高バスケット部」

『走れ!T高バスケット部』を観ました。
公式サイト http://tkoubaske.jp

[原作] 松崎洋
[監督] 古澤健
[脚本] 徳尾浩司
[出演] 志尊淳  佐野勇斗 早見あかり
[配給] 東映
[国/時間/年] 日本/115分/2018年

2007年発売の小説の実写化映画


いやあ、まさか10年経って映画化とは。

しかも、作者、2015年に亡くなってるやん。
いつの間に。
ニュースになってたとは思うんだけど全く記憶にない。

バスケ名門校からの転校生を加え弱小バスケ部が活躍していくお話です。

あー…なんで先に『アンクル・ドリュー』観ちゃったんだろう…
元NBAスタープレイヤーのバスケシーンと比べるのは酷な話なんだけど、どうしてもね、見劣りするよね…当たり前なんだけど。

こちらは弱小チームを競合に負けないくらい成長させる青春スポーツ物でタイプは違うし、バスケシーンに重点置いてるわけでもないからまぁ良いのだ。

主人公は幼い頃に母親を亡くし、男手一つで育てられるのですが、この映画観てたら主人公ら高校生じゃなく、父親視点で物語を観てる自分がいたわ(苦笑)

まぁ、リアリティの面で言えば強豪校ならもっとそれらしく描写してよ、と思いましたが。

東映だけに、なのかどうかは知らないが、特撮ヒーロー経験者が出演もしており、思わず局面ごとに、変身するのか!?とか思ったり(するわけない)

信頼しあえる仲間との絆、良いなぁ、ほんと。

原作はまだまだ続刊あるけど、映像化はこれだけで良いんじゃないかなー。
そもそも、私自身、原作は1巻しか読んでないのですが、1巻で綺麗にまとまってるが故に、それ以降が蛇足になってるんじゃないかと思って手を出さずじまいなんですよね。
きっと全国目指したりする話になっていくんでしょうけど、満足しちゃってるのに余計なものを足したくなかったんですよ。

あ、エンドロール時にもその後のメンバーの紹介映像あるので終わるまで座席にどうぞ。

入場者特典でT高バスケ部のバスケカードが付いてきてました。

それはそうと早見あかり、ちょっと太った?
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 22:00| 大阪 ☀| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: