2018年11月19日

「GODZILLA 星を喰う者」

『GODZILLA 星を喰う者』を観ました。
公式サイト http://godzilla-anime.com

[監督] 静野孔文 瀬下寛之
[脚本] 虚淵玄
[出演] 宮野真守  櫻井孝宏 上田麗奈
[配給] 東宝映像事業部
[国/時間/年] 日本/90分/2018年

アニゴジ三部作最終章


ナンジャコリャ

製作陣も出演者も豪華に、三部作で作ってコレ?

地球をゴジラに奪われ、奪還作戦に挑むも大敗。(第1章)

対ゴジラ兵器、増殖ナノマシン・メカゴジラの起動に成功するも、人間もパーツの一部と同化するとか聞いてないよ!との氾濫から破棄(第2章)

ゴジラとは…であり…なのだよ、フフフ…なんて許せねえ!(最終章)

小説として字面で読むとそれなりに面白かったかも知れません。

ただ、映像化、アニメ化して、この出来はちょっとなあ。
説明台詞ばかりで動きもなく地味な人間ドラマパートは面白味がないし。

予告でモスラやギドラが登場するのを知り期待してたが…思ってたんとちゃう!
特にモスラ。

三部通して地球人がビルサルド人(脳筋マッチョ)とエクシフ人(宗教家)に翻弄されてただけなんじゃ。

やっとゴジラ対ギドラ戦か、と思ってもあまり動かないし。
これ、アニメですよ?

最後は、あーんな事や、そーんな結末だったりして、ほんとナニコレって感じで…

どーしてこーなった!?

静止画での、ゴジラにからみついてるギドラの絵は様になってるのにね。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 10:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: