2018年11月16日

「ボヘミアン・ラプソディ」(字幕)

『ボヘミアン・ラプソディ』(字幕)を前夜特別上映で観ました。
公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bohemianrhapsody/

[原題] BOHEMIAN RHAPSODY
[監督] ブライアン・シンガー
[脚本] アンソニー・マクカーテン
[出演] ラミ・マレック  ジョセフ・マッゼロ ベン・ハーディ
[配給] 20世紀フォックス映画
[国/時間/年] アメリカ/135分/2018年

ドンドンパン!ドンドンパン!ドンドンパン!ドンドンパン!


あれ?ドンドンパン!じゃ「ボヘミアン・ラプソディ」じゃないじゃーん!
ママー!

大画面、大音響(もしくは良音響)、応援上映、このいずれかで観た方が良い映画。

クイーンと言うよりフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画か。
とは言え、ソロでのシーンはありませんでしたが。

仲間と共に音楽を始めるところから、ライブエイド85(アフリカ難民救済チャリティコンサート)出演までが描かれており、その時々のヒット曲誕生の様子も。

にわかファンとも言えない自分が観ても感動を覚えるんだから、クイーン、フレディのファンにはたまらない作品なんじゃないでしょうかね。

ただ、フレディ役のラミ・マレックは本人みたいな濃さがちょっと足りなく思うので、そこは突っ込まれそうですけど。

しかし、ライブエイドシーンでの没入感凄いわ。

冒頭のフォックスファンファーレも良かった!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 19:37| 大阪 ☁| Comment(0) | おもちゃなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: