2018年11月09日

「ノーマーク爆牌党」

『ノーマーク爆牌党』を観ました。
公式サイト http://bakuhai-movie.com

[原作] 片山まさゆき
[監督] 宮澤昭文
[脚本] 宮澤昭文
[出演] 石田明(NON STYLE)  矢本悠馬 長澤茉里奈
[配給] AMGエンタテインメント
[国/時間/年] 日本/90分/2018年

片山麻雀漫画の実写映画化


シネマート新宿とシネマート心斎橋でしか上映してない上に1日1回上映とか条件が厳しすぎる。

まぁぶっちゃけ、Vシネテイストな作品ではあります。

堅い守りな打ち方でプロを目指しアマチュア二連覇を成し遂げていた鉄壁保。
その前に偶然現れた爆打ちの爆岡弾十郎。

この2人の出会いが麻雀界を…どうかするかは不明だが、その対決の様を描いたのが今作。

『ぎゃんぶらあ自己中心派』は読んだけど、『ノーマーク爆牌党』は未読なんですよね。

漫画の爆岡は特徴的な髪型をしてるけどそこまでは再現してません。
つまり、コスプレ劇ではありません。
普通の麻雀ドラマになってました。

爆牌打つシーンのみ若干のCG処理がされてましたが、異能バトル物と化していた『咲』シリーズと比べるとかわいいものです。

モブとして本物の麻雀プロとかが出ているようなのですが、さすがにそこまではわからん。

麻雀って奥深いなぁ、とか思わされてしまう作品です。

自分は劇場の大画面で観たかったから出向いたけど、わざわざ劇場で観る必要はない作品なので気になる人はパッケージソフト買うなり、レンタル待ちなりしましょう。

『打姫オバカミーコ』もこの勢いに乗って、と思ったら2006年に小向美奈子主演で実写ドラマ化されてたわー。

じゃあ、『ぎゃんぶらあ自己中心派』か『スーパーヅガン』を実写化だ!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 02:13| 大阪 | Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: