2018年10月24日

「劇場版 はいからさんが通る 後編〜花の東京大ロマン〜」

『劇場版 はいからさんが通る 後編〜花の東京大ロマン〜』を観ました。
公式サイト http://haikarasan.net

[原作] 大和和紀
[監督] 城所聖明
[脚本] 古橋一浩
[出演] 早見沙織 宮野真守 梶裕貴
[配給] ワーナーブラザーズ映画
[国/時間/年] 日本/105分?/2018年

ジョーダンはよしこさん!


ほぼ丸一年して公開となった、劇場版『はいからさんが通る』の後編。

今回も前作同様、前半から中盤にかけて(いや後半までか?)トントントントンと話が進みまくります。

見せたいシーンはじっくりと、そうでない部分、でもあらすじは伝えないといけないシーンは早送りか!?ってくらいに…

それでも先のテレビ版では描かれなかった最後までをアニメ化されてるようですし(原作未読)、完結作となってるのは評価しても良いのかもね。

うっかり事前に映画評を目にしてしまい、その部分がちょっと気にもなったりはしましたが(作画についての感想だった)まぁ、概ね良好なんじゃないのかな。

まぁ、何度も言いますが駆け足なんですけどね。

もうちょっとゆったりと観たかったから、3部作…は興行的に厳しいかも知れんから、新テレビシリーズとしてやって欲しかったなぁ。

しかし、この作品がこのような内容だったとはなぁ。

これを毎週?毎月?続きをヤキモキしながら連載を見守っていたであろう姉さんがたが、レディースデーだったため会場を埋めていました。

今回はテレビシリーズの主題歌のインストは流れず。

涙あり笑いあり大正乙女の波乱万丈な物語でした。

ナレーションに何かを感じたので、エンドロールでしっかりと確認。

「ナレーション よこざわけい子」

テレビ版の紅緒の声優さんじゃねーか!

べ、紅緒さーん!

最後の最後にはサービスがありましたとさ。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 12:27| 大阪 ☁| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: