2018年09月29日

『「となりの妖怪さん」1巻発売記念トーク&サイン会in大阪』

9/29(土)、毎度お馴染み大阪ミナミのロフトプラスワンウエストへ。

『「となりの妖怪さん」1巻発売記念トーク&サイン会in大阪』へ行って来ました。

以下、LPOW公式サイトの告知ページより。

【出演】noho (漫画家、「となりの妖怪さん」作者)
【司会】ケチャップ河合

Twitter発の「異類日常譚」、『となりの妖怪さん』待望の書籍化。
発売を記念して作者のnohoさんトーク&サイン会開催決定!
作品の裏話や、イラスト、物語の制作秘話まで。イベント限定トーク!
終演後はサイン会もあり。
==========

作品自体のリツイートか、どなたかのツイートをたどっていった先で見つけたんだったか、出会いはどこだったかは覚えていないのですが、日常妖怪物かぁ、とちょっと気になり、その後書店へ寄った際に単行本を買ったのでした。

「ゲゲゲの鬼太郎」「うしおととら」「夏目友人帳」「町でうわさの天狗の子」など妖怪物は数多くありますが、日常の中に外国人のような感覚で人間と妖怪が共存しているのがこの漫画の魅力なのではないでしょうか。

ネット上でも漫画をチラッと読んだんだったかなあ?
とにかく、これは買って読まねば、と思ったんですよね。

物語は飼い猫が猫又化するところから始まり、猫又となったぶちお(ぶち猫)とその周辺、地域などの日常生活が主に描かれています。

さて、イベントですが、司会の河合さんがうまく舵を切り、nohoさん自身について、漫画連載の経緯、作品の創作秘話などを聞き出し、それにnohoさんが答えていくって形で進行していきました。

貴重なキャラクターの初期デザイン、単行本の没カバーの数々、没ネームなどもお披露目。

普段はデジタルで作画されているそうです。

2部はアンケートに答えるコーナー。

3部はプレゼント抽選会。
色紙3枚の内、2枚は既にキャラが描かれたもので、1枚は当選者のリクエストに応え生描きするって趣向でした。

最後は単行本購入、もしくは持参者へのサイン会。
キャラ指定はできないもののイラスト入りサインでした。

ふわっとした作品同様、ふわっとした作者さんでした。

続きも楽しみ。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 16:32| 大阪 ☔| Comment(0) | マンガ・書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: