2018年09月28日

「カメラを止めるな!」

『カメラを止めるな!』を観ました。
公式サイト http://kametome.net/index.html

[監督] 上田慎一郎
[脚本] 上田慎一郎
[出演] 濱津隆之 真魚 しゅはまはるみ
[配給] ENBUゼミナール・シネマプロジェクト
[国/時間/年] 日本/96分/2017年

映画バカのお話


ようやく観ました。
英語版タイトル「ONE CUT OB THE DEAD」。

うんうん、なるほどー。
観た人が下手に感想言うとネタバレになってしまう訳がわかりました。

とりあえず言える範囲(作品紹介として各メディアで取り扱ってる範囲)でのあらすじとしては…

ゾンビ映画撮影中に本物のゾンビに襲われるもワンシーンワンカットでの撮影にこだわり続ける監督…達の物語。

上手い例えをしようとも勘の良い人には気付かれてしまうだろうから何も語れないですよね、これ。

ネットなどのインタビューで監督が「有名人を起用していたら誰が生き残るか配役でわかってしまう」てな感じで語っていたが、今作はテレビ出演のない、映画や主に舞台に出演している俳優で固めたそうな。

そもそもが、監督・俳優養成スクール、ENBUゼミナールって所のシネマプロジェクトにて誕生した作品らしい。

まぁ、だからと言って話の流れ的に誰が生き残ったりとかは何となくわかるような気がする。

やだ、あれやこれやそれが伏線になってるとは気付かないんじゃないの?
観てる最中にはてな?と思うシーンはいくつかあったんですが、まさかねぇ…

また、現場と上層部の空気の違いが、そのつもりがあるのかないのかわからないけど、現代社会の表してると言うか何と言うか。

上映時間も100分切ってて観やすくて良かった。

ゾンビ好きよりも映画好きが観た方が良い作品なのではないかなー。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 03:23| 大阪 | Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: