2018年09月21日

坂本頼光独演会 「活弁への招待 第一回」

9/19(水)、日暮里サニーホールへ。

坂本頼光独演会「活弁への招待 第一回」を観に行きました。

以下概要。

【会場】日暮里サニーホール コンサートサロン  18時開場・18時30分開演  終演予定 20時30分 (物販あります。終演後、サイン会を予定しています)
【ゲスト】ヲノサトル https://www.wonosatoru.com/
【上演作品】 「大列車強盗」 「小さな列車強盗」 「月世界旅行」 「サザザさん第1話」 (上映後、坂本頼光とヲノサトルのトークを予定しています)

春の講演は同じくサニーホールでしたが大ホールで、今回はそれと比べるとこじんまりとした部屋でした。
でも(だから?)チケット完売だったらしい。

ゲストとは生演奏奏者であり、今回はヲノサトルさんが担当。
シンセサイザーでの効果音は、その音の付け方にもよるんでしょうけれど、ゲーム音楽っぽくもあり、ピアノやバイオリンとは全く違った仕上がりでした。
生演奏奏者は無声映画三本だけです。念のため。

「大列車強盗」1903年・米エジソン社/監督脚本:エドウィン・S・ポーター
列車強盗をカウボーイ達が退治するお話。

「小さな列車強盗」1905年・米エジソン社/監督脚本:エドウィン・S・ポーター
先の大列車強盗のセルフパロディらしい。
強盗も襲われる方も子供になっている。

「月世界旅行」1902年・仏スターフィルム社/監督脚本:ジョルジュ・メリエス
珍しいデジタルによる着色バージョン。

「サザザさん第1話」2005年/監督脚本作画:坂本頼光
知ってる人には言わずと知れた某国民的アニメっぽい平凡な家族像を描いた全責任・坂本頼光氏による自作アニメ。
次回予告だけは講演毎に最新の時事ネタに書き換えるんだとか。

講演終了後は両者そろってトークショー。
これまでの事、これからの事(どちらも頼光さんについて)を。

しかし、小学生の頃、頼光さんが水木しげる亭へ行った事は知っていたが、まさか休み毎に画材道具を持って行ってはそこで絵を描きチーフアシスタントさんに見てもらったりもしてたとは。

また、 1月20日には次の新しい大河の3話目に弁士役で登場するそうな。
まさかのテレビ出演とは。

そして最後にお二人でサイン会。
挨拶と軽く会話をして会場を後に。

来年からはツキイチで独演会をされるそうで、1/22(火)に同じく日暮里サニーホールで、2/15(金)は神戸で開催との事。

以下余談。

会場を後にしたのは21時過ぎ。
うろうろ探した挙句、近くのガストで夕飯をとり、ちょっと迷いながら最寄りの銭湯へ行き出たのが22時半ごろ?

後は山手線で東京駅に着いたら余裕で夜行バスの待合室に間に合う算段でした。

が、山手線とは違う電車に乗ってしまったらしくですね?
あ、でも東京駅は全車輌止まるよねー、とタカをくくっていたら逆方向へ進んでいましてね?
すぐに気付けたお陰で次の駅、三河島で降り反対路線に行くも電車はなかなか来ないし、来たら来たで上野止まりだし…
そんなこんなで東京駅へ着いたのが集合時間くらいだったかな?
ダッシュで向かうとまだ出発はしてなく、と言っても10分前は切ってたかも…

まぁ結果的には前回よりはマシでしたが、もうこんなドキドキハラハラはイヤー!
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:25| 大阪 ☁| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: