2018年08月12日

「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」(吹替)

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(吹替)を観ました。
公式サイト http://missionimpossible.jp/

[原題] MISSION:IMPOSSIBLE -FALLOUT
[監督] クリストファー・マッカリー
[脚本] クリストファー・マッカリー
[出演] トム・クルーズ レベッカ・ファーガソン サイモン・ペッグ
[吹替] 森川智之 甲斐田裕子 根本泰彦
[配給] 東和ピクチャーズ
[国/時間/年] アメリカ/147分/2018年

トム版スパイ大作戦パート6


これ、前作からお話が多少続いているんだとか。
知らなかった…MIは3までしか観てなく、久しぶりにスパイ活動を楽しもうとしたのに、若干消化不良になっちゃいましたよ。

冒頭、3つのプルトニウムを奪われたイーサン(トム)が仲間と共に奪還するお話。

誰が敵で誰が味方か!?ってのはスパイ作品だし、今作に限らずなので、一体何がどーなってんの!?と思いながら観る事に。

「トム決死のスタント」が売りではあるんだけど、こんにちではCG技術の発達もあるし、ただでさえ事故起こして(今回は骨折でしたっけ?)撮影ストップさせてるようじゃどの道費用もかかるし、もう50代後半なんだから安全面を考えて作品づくりした方が良いと思うよ。

俺はアクション俳優なんだよ、と思ってるとしても無茶しちゃいかん。

観客にとっては本当でも嘘でも映像でしか観られないんだからどっちでも一緒だしな。

芸能人吹替のDAIGOと広瀬アリスは…どっちも非常に危うい感じで…
頑張ってるのはわかるんだけどねえ…

ま、アクション娯楽作品ではありました。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 08:39| 大阪 ☀| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: