2018年06月24日

『step』刊行記念 江口寿史トークイベント&サイン会

6/24(日)、心斎橋にあるスタンダードブックストア心斎橋へ。
江口さんの画集発売イベントへ行って来ました。

14時スタートなのに、12:45開場で整理券番号順。
整理券番号7番だったので早めに家を出ましたとも。

全員でお客さんは150・160人くらいだったもよう。
そら入場時間もかかるわ!

それでも数十分の待ち時間を経てイベント開始。

大阪に向かう新幹線一本乗り遅れて到着したらしいんですけど、間に合った。

トークイベントだからと言って何かお題があってそれに即して話すわけではなく、事前アンケートを用いた質疑応答形式で店長?を司会に進められていきました。

最も多かったようなのがやはり絵に関する質問。
モデルはいるのか?今描くなら誰か?気になる女優やアイドルは?気分転換はどうするのか?漫画は描かないのか?などなど。

重複する部分は最初の通りとし、それ以外のところは丁寧に答えておられました。

最初から絵が描ける人は天才。
人真似をしてたくさん描くしかない。
俺も40年かけてここまで来たんだから、と。

そーいや、作品の再アニメ化などは?ってのについては、「ひばりくん」にしろ「エイジ」にしろ、つどアニメ化の話は上がってくるけど実現にまで至ってなくいつの間にかたち消えているとの事。

今のアニメーターの技術なら江口さんの絵のままで動きそうだけど、「ひばりくん」はギャグ作品として成立させるには難しい世の中になっているんじゃないのかなぁ?(江口さんもそれっぽい事言ってた)

一応、まだ仕事が残ってたり、まだまだ下準備中のプロジェクトなんかがあったりもするそう。

1時間半のトークを終え、会場の準備が整い次第、サイン会が。

今回は各地方全てで、画集「step」には宛名と文字サインのみ。
絵を描くにはスペースが小さいからとの事。

同時発売の「ぬりえ」の方は一面真っ白なページがあるのでイラストも入る、って言う風になっていました。

番号が一桁台なので速攻でサインを頂きつつ、ちょこっとお話を。

オマケとして、ダイレクトメール2枚と、ホンダのステッカーがついてきました。

魅力的なイラストも良いけど、ほんと、漫画描いて欲しいもんです。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:05| 大阪 ☁| Comment(0) | おもちゃなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: