2018年05月15日

bit summit 6th 2日目

今年も無事に開催されたインディーズゲームの(西の)祭典、bit summit。
今年は5/12・13(土日)での開催となりました。

公式サイト http://bitsummit.jp

2日目もお昼に、プラチナゲームズの稲葉さん、神谷さんのトークセッションがあり気にはなっていたのですが、前日夜、急遽お仕事にりまして眠い中どうにかこうにか仕事終えまして、帰って飯食って風呂入って出たらそのままバタンキューしまして。

目が覚めたら14時半ごろでした…

まあ、トークセッションは聴けなくとも試遊しに行くか、チケットも買ってるし、と雨ザーザー降りしきる中、会場へ。

到着したら閉幕まで1時間切ってましたが、天候の関係か時間の関係か、そんな無茶苦茶に混んでいる、と言う事もなく、わりと早く待たずに試遊が出来ました。

『GUNDEMONIUMS』
https://www.platinedispositif.net/pd/gundemoniums/
マシンガンを抱えた少女が浮遊しながら敵を撃破して行く2D横スクロールシューティング。
自キャラが大きく見やすいのは良いけど、当たり判定がどこにあるのかわからず(下半身は平気っぽかった)弾を避けるのが大変でした。
せっかくキャラが大きいんだから表情とかもっとあれば良かったかも。

『嘘つき姫と盲目王子』
https://nippon1.jp/consumer/usotsukihime/
盲目王子を引っ張って出口へ向かう2Dアクションアドベンチャー。
姫は狼の化け物の変身した姿であり、連れ歩く時は人の姿、障害物(敵)を排除する際には狼の姿、と切り替えながら面を進めて行くものです。
簡単な面だったのかサクサクと進みました。
絵本の挿絵のような絵が動く。
凄い。

『アンデッドデスサイズ』
面固定で次々と登場してくる敵を死神の鎌でバッサバッサと切り捨てて行く3Dゲーム。
エネルギーが溜まるとボムみたいな周囲に一気にダメージを与える攻撃が可能。

『アストロ忍者マン』
http://riki2riki.com/html/8astro.html
ファミコンソフト…だと…
『インベーダーゲーム』や『ギャラガ』などのように上から迫り来る敵を打ち倒して行く2Dシューティング。
最大5人にまで分身するが、人数=残機と言うかライフなもよう。
単純ながらクセになる。

『白き鋼鉄のX(イクス) THE OUT OF GUNVOLT』
http://gunvolt.com/X/
2D横スクロールアクションシューティング。
ガンボルトシリーズの最新作。
もっとわかりやすく言えば、ロックマンゼロとかゼクスか?
このシリーズに言いたい事はただ1つ。
頼むからしゃがませて!

『斑鳩 IKARUGA』
http://www.pikii.jp/ikaruga/
3D縦スクロールシューティング。
白と黒の属性を任意で切り替えて進めて行く。
敵と同属性だとダメージを喰らわず、反対属性だとダメージ負うものの与えるダメージもデカくなる。
パズルのようなシューティング。

『サイヴァリア デルタ』
http://psyvariar-delta.com
3D縦スクロールシューティング。
ショットとボムを使用する点は普通だが、自機の周りの青い輪っかを敵の弾に触れさせる事で自機のレベルがアップしていく点が特徴。
ある種パズル的。
敵が出現したら即座に倒したいがわざと弾を撃たせないと自機は強くならない。
仕掛けがうまいなあ。

『CRYSTAL CRiSiS』
http://www.pikii.jp/crystalcrisis/
落ち物パズル。
手塚治虫生誕90周年コラボでもしてるのであろう、アトムとブラック・ジャックが使用キャラとして登場する。
同じ色を重ねりゃいいんでしょう?とプレイしてたらそうでもなく、ひし形のアイテムが出ないと破壊できないよう。
また、攻撃・防御共に特殊アクションが行えたらしいが、よくわかりませんでした。

いやあ、遊んだ遊んだ。

しかし、同人ゲームは半分って感じか。
もっと、商業ではできなさそうな色んな意味で、バカだなー!ってゲームやりたいのでお願いします。

堪能。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:43| 大阪 | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: