2018年03月13日

「劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!」

『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』を観ました。
公式サイト https://m-78.jp/geed/movie/

[監督] 坂本浩一
[脚本] 根元歳三
[出演] 濱田龍臣 山本千尋 長谷川眞優
[配給] 松竹メディア事業部
[国/時間/年] 日本/70分/2018年

ウルトラマンジードの劇場版


数年ぶり、何作目かぶりの劇場版ウルトラマン。

観たい作品があっても場所や時間が合わず断念していたが、梅田のステーションシネマでやってたので久々に観ました。

テレビシリーズはほとんど観れて無いんですけどね。

確か、ジードはベリアル(悪堕ちしたウルトラマン)の息子とか言う設定だったか。

けど悪ではなく、歴代ウルトラマン2名の力を借りて(前作オーブ同様)変身するスタイル。だったはず。

ゲストとして、ウルトラマンオーブ(人間態も)とウルトラマンゼロ&ウルティメイトフォース(ミラーナイト、グレンファイヤー、ジャンボット、ジャンナイン。それぞれ、ミラーマン、ファイヤーマン、ジャンボーグエース、ジャンボーグナインのリメイク版)、ウルトラマン、セブン、ゾフィー、父、母らが登場。

知的生命体こそ悪と判断して各惑星を襲う人工知能を倒すべく、ウルトラマンらが協力し合い、ギルバリスを倒すのだ!

若いジードは1人で奮闘し失敗するのを、仲間がいるんだから協力しあえ、ってな話になるんですわ、これが。

舞台は沖縄オンリー。(宇宙空間やギルバリスの惑星もあるが)
単に沖縄ロケしたかった、ってわけじゃ無いよね?

戦闘はウルトラマンらだけでなく、人間の仲間たちも生身で戦うシーンも。
まあ、そら坂本監督なんだからお姉ちゃんが戦うシーンが無いわけ無いよねー。

もったいつけずにウルトラマンジードとオーブとゼロは各種形態に変身しまくるし、技も惜しげなく出しまくりで楽しい。

コメディ要素もあり、最後のオチ的なのに中の人(俳優)いじりまで。
それは、やりすぎだ!

正しい、ファン向けお祭り映画でした。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 10:56| 大阪 | Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: