2018年02月22日

「咲-saki-阿知賀編 episode of side-A」

『咲-saki-阿知賀編 episode of side-A』を観ました。
公式サイト http://www.saki-project.jp

[監督] 小沼雄一
[原作] 小林立
[脚本] 森ハヤシ
[出演] 桜田ひより  伊藤萌々香 恒松祐里
[配給] ティ・ジョイ
[国/時間/年] 日本/113分/2018年

女子高生麻雀異能バトル全国大会編(前編)


あれ!?『咲』って主人公、宮永咲じゃなかったの!?
(母方の従兄弟が宮永なので覚えてた)

とか思ってたがどうやら、時代も舞台も同じながら別のエピソード(本編登場人物の幼馴染などが今作の主人公のよう)であるらしい。

映画のお話は、奈良県の麻雀部が全国大会決勝進出に挑み、そこで幼馴染と対戦を望むってもの。

映画に先駆けてテレビドラマが4話、スペシャルドラマ1話放送されていたらしいが、この映画は一見さんでもまあ問題無く観ることが可能だと思います。

いきなり全国大会からかよ!とか、突然出てくる、和(なごむ)とか誰やねんとか(本編での主要人物の1人なのだが)、各校麻雀部に男子生徒おらんのか?とか、思う場面も少なからずあったりはしますが、些細なことなのでしょう。
きっと。

長々と対局シーンばかり見せても仕方がない、と重要なシーン以外はバッサリと切ってはいるものの、登場人物のバックボーンみたいなのには時間を割いてたり。

要はそっちの方がこのお話には重要なのでしょう。

テンポも悪くないし、それぞれキャラが立ってる上に見せ場もあったりしてしてよく出来てる映画です。

何よりも2時間以内で収まってるし!

まあ、正直、ええ!ここで終わり!?その先は!?咲だけに!(上手くない)
とか思っちゃいましたよ。

原作漫画もここで終わりなのかなー?

まあ、あっちサイドは本編で描かれているのかも知れんし。

決勝戦での強豪校のボスが宮永だったけどあれは咲の姉ちゃんなの?
とか、その他にも疑問になった場面があったりしたんだが、時間がたったので忘れてしまいました…

マイミクに咲ガチ勢の方がいてるので一緒に鑑賞してたら全ての疑問を解決してくれただろうに…

多くの若い女優やアイドルやグラビアさんが出演されている本作。
知らない娘さんばかりだなあ、と思ってたら、ヒナちゃんがいるじゃないか!
※泉比奈(演:高田里穂/「咲」白水哩)『仮面ライダーオーズ』(2010)のヒロイン。普通の人間なのに怪力と言う謎設定があった。

それと改めて出演者プロフィール見たら、風花もいるじゃないか!
※伊賀崎風花(演:矢野優花/「咲」花田煌)『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2016)シロニンジャー。エンディングダンスを踊る姿 https://youtu.be/BwGB-e3slqE

偶然にも両者とも新道寺高校の生徒だったわー。

しかし、漫画の実写化作品なのにあまりコレジャナイ感がするのは、単に私が原作漫画よく知らないだけかのか、上手い事作り上げられてるからなのか。
(ファンからしてもよく出来てるいるらしいが)

ともかく、原作漫画がどこまで進んでいるのかは不明ですが、ちゃんとこれの決着つくところまでは作って頂かないとモヤモヤします。

ちなみに入場者特典はピンナップだったようですが配布終了となっておりましたとさ。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 09:56| 大阪 ☀| Comment(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: