2017年07月17日

あべのAステージ 2017.07.16

7/15(日)、阿倍野ルシアス、Aステージへ行ってきました。
観覧無料で(どうやって採算取ってるんだ?)定期的にライブ(音楽・お笑いなど)が行われているらしい、このAステージ。

会場は商業ビル入り口に半円の段差があり、そこが簡易ステージになっていると言う代物でした。
でも観覧用にいくつか椅子は出てました。(座った)

この日は女性歌手の日と言わんばかり。
前日のB-FES出演者、美元智衣さん、アツミサオリさん、ヤスミンさん、に加え、潮崎ひろのさん、繭さんも加わってのライブと言うかミニフェスです。

ワンセット目
13:00〜13:20 美元智衣/13:25〜13:45  アツミサオリ/13:50〜14:10  ヤスミン/14:15〜14:35  潮崎ひろの/14:40〜15:00  繭

ツーセット目
15:15〜15:30 ヤスミン/15:35〜15:50 アツミサオリ/15:55〜16:10 美元智衣/16:15〜16:30 繭/16:35〜16:50  潮崎ひろの

と無茶苦茶タイトなスケジュール(セット間もほぼない)。

それぞれ3曲づつ披露。

美元さんは昨日より声の調子は戻っていたものの、それでも本調子ではないらしく、観客や同じ出演者からの手助けを受けの歌唱でした。

自曲のほか潮崎さんのデュオ、繭さんのキーボードで「卒業写真」(荒井由美)も。

続くアツミさんも自曲以外に、伊藤かな恵さんに楽曲提供した「メタメリズム」(『侵略!イカ娘』ED)を。

後の方々は持ち歌だけだったんじゃないかな。

美元さんのみ大阪出身で他の方々は静岡だったり埼玉だったり関東勢ばかり。
微妙にそんなのが関係してるのか物販をチラ見したら、ホームの美元、アウェイな他の方々って雰囲気も。

「名前だけでも覚えて帰ってくださーい」との売り込み。
まあ、まずは知ってもらわない事には次に続かないですからね。

歌の後は気になった方が歌い手の物販へ並んでたりしてました。
良かった、良かった(身内か)

それにしても自分が知らないだけで多くの歌い手さんがいらっしゃるもんなんですねえ。

次の予定時間の開演時間と開場時間を勘違いしてて、2ステージ目の終盤には、昨日のメンバー、と言うかヤスミンさんに挨拶して離脱。

「黄昏ベイブルース」「モダーンガール」が聴けて満足でした。

けどクソ暑かったー。
演者さんたち大丈夫だったのだろうか。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CD・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック