2017年07月14日

「銀魂」

実写版『銀魂』を観ました。
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

[監督] 福田雄一
[脚本] 福田雄一
[原作] 空知英秋
[出演] 小栗旬  菅田将暉 橋本環奈
[配給] ワーナー・ブラザーズ映画
[国/時間/年] 日本/130分/2017年

SF時代劇コメディ漫画の実写化作品

原作漫画もアニメもあまりきちんと観た事はないのですが、TOHOサービスデーだったので観ちゃいました。

まー、出演者が豪華な事。
どっからそんな金集められ、そして使えたんだか。

小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、六代目中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮、長澤まさみ、早見あかり、岡田将生、堂本剛、菜々緒、新井浩文、佐藤二朗、ムロツヨシ、安田顕…声だけ参加の方も豪華でした。

後ろ3名は安定の福田組組員ですね。

実写化と言うよりコスプレ劇な雰囲気もするのですが。

のっけから「カウントダウンTV」のパロディ。
他にもそのものが出てたり、ギリギリアウトにしか見えないものが出てきたりやりたい放題。

出演者がらみのネタまでぶち込んできたのにはさすがに笑ってしまった。
後、実写版「ジョジョ」を巻き込んじゃダメ。

そこまでやるなら、神楽が銃を撃ちまくった後にはあの台詞言わせろやー!

パロディ主体のコメディ構成でどう見せるのかな?と思ってたら、主軸となる部分は真面目な展開でしたわ。

原作でもコメディでありながら真面目な部分が人気だったりもするそうですが。

たまたまアニメ版で見た、将軍のカブト虫を捕まえるエピソードがこの映画にも入っており、知ってる話だ!個人的にとそこは非常に盛り上がりました。

一見さんお断りな出来でなく、ちゃんと初見の人にも分かるような親切設計な作りだったのでファンには物足りなかったりするんじゃないんですかね。
知らんけど。

今まで観た福田作品には、深夜ドラマ風な雰囲気満載を感じてましたが、今作はちゃんと映画になってるように思いました。

けど、130分は長いよ。
80分くらいにして。

ともあれ、『銀魂』ってこんな話だったのか、と知れた作品でした。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 22:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック