2017年06月09日

「人は見た目が100パーセント」特別公開研究所

6/8(木)、ロフトプラスワンウエストへ。
今回は、
「人は見た目が100パーセント」特別公開研究所
へ参加して来ました。
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/64236

「ひとパー」って略すらしいよ!

漫画原作で木曜22時からのドラマになった『人は見た目が100パーセント』。
そのOAを観ながらの生オーディオコメンタリー、原作の創作秘話などを、大久保ヒロミさん(漫画家)、草ヶ谷大輔さん(フジテレビ・ドラマプロデューサー)、岩間秀和さん(講談社「BE・LOVE」編集長)、相沢友子さん(脚本家)らと共に楽しむと言うイベントでした。

どーせなら女優さんも来れば良いのに!

漫画は、オシャレ女子あるある風な1話完結なコメディなのですが、ドラマではその要素はきっちり取り扱いながらもストーリー物に仕上げてあるんです。

あるあるネタがその回の話に合うよう選別され上手く織り込みつつ、恋愛要素や企業ドラマな要素も。

凄い。

しかし、ベースはコメディドラマなんですけどね。
しかも、たまにコントも混じってるし。
新喜劇か。

ドラマ開始は22時からなのにイベント開始は19時開場、20時開演。
普段のイベントより1時間スタートが遅いのはドラマの時間に合わせたもよう。
終了は23時を予定。

いつもは若干押しでのスタートが多めな印象なのですが今回は2・3分早めにスタート。

一部は原作漫画サイドのお話。
全体のMCを講談社「BE・LOVE」編集長の岩間さんが行いました。
編集長 岩間さん、原作者 大久保さん、大久保さんの担当編集者(お名前失念)が登壇。

大久保さんのプロフィール、連載開始のいきさつ、ドラマ化決定してからの事などを話されました。

休憩をはさみ二部はドラマサイドのお話。
先の3名に加え、プロデューサー 草ヶ谷さん、脚本家 相沢さんが登壇。
双方のプロフィール、ドラマ化決定までの流れと、ドラマの作り方、裏側を話されました。

MCの岩間さんも違う畑の話には興味津々で色々掘り下げて聞いてたなあ。

終演が遅いのでトーク終了時点で抽選会。
サイン入り原作本や漫画版ポスター、ドラマ版ポスターなんかがもらえました。

今回久々に当たりました!
ドラマ版のあぶらとりかみが!

そして、いよいよ、ドラマ大鑑賞会です。
生オーディオコメンタリー、なはずが完成版は原作者も製作者も初見なのでおとなしく視聴する事に。
えー!(笑)

編集者2名がCM時など邪魔にならない程度に会話をしていました。

そして衝撃の引きである(ドラマ観た人にはわかる)

視聴後、ドラマ制作勢がすまなそうにしてた(笑)

ただでさえ、漫画の裏側、ドラマの裏側など聞けて楽しめたのに、さらに一緒に視聴し最後に意見も言えちゃうなんて最高でした。

私は終電間近だったので早めに帰っちゃいましたけどね。

他の作品でも映画のソフト発売記念で制作者の生オーディオコメンタリーとかやってくれても良いのよ…

次回の最終回楽しみ!(夜勤入っててリアルタイムで観れないんですが)
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 01:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック