2017年05月20日

bitsummit 5th

今年も京都みやこメッセにて、インディーズゲームの祭典「bitsummit」が5/20・21(土・日)にて開催。

ひとまず初日へ行って来ました。

インディーズゲームとは言うもののアマチュアだけでなくプロも混じっての祭典。
楽しいゲーム作ってウチで売ってよ、って事なんでしょう。
後援に任天堂、ソニー、Xboxなど主要ハードメーカーが今年も名を連ね、自社ハード対応ソフトも宣伝しております。

販売を担うのがパブリッシャーで、製品製作がデベロッパーでしたっけ。
このイベントに出てる多くはデベロッパーばかりなんです。

名の通ったところではゲームフリーク、プラチナゲームズ、インティ・クリエイツ、グラスホッパー・マニフィクチュアとかでしょうか。

10:20からだったかのプラチナゲームズ稲葉さんの講演は聴き逃してしまったものの、続くゲームフリーク、インティ、グラスホッパーのは視聴。

んー、主に自社ゲームの宣伝だったか。
作るに至った経緯や発表の場(ハード)の理由なんかも話はされていたけれども。

とにかくスチームだとPCさえあれば全部まかなえ、専用の機材(対応ハードの開発機)が不要な点が最大の強みのようですね。

そらそうだわな。

試遊もいくつかやりました。

インティのニンテンドースイッチ向け、「マイティ・ガンボルト」の新作?
「ロックマン」テイストの横スクロールアクションゲーム。
死んでパターンを覚えるゲームなので、そこで好き嫌いは起こるかも。

グレフの「閃光の輪舞曲(ロンド)2」。
ゲームセンターで稼働してた初期作から知ってはいるが何気に初プレイでしたわー。
お陰でどうプレイすべきか手探りで…
ふむふむ、これが対戦シューティングか、と思いながらプレイ。
表現方法が違うだけで、ヴァーチャロンと同じようなもんか?

チームひねり揚げ(違う)「リフレイン」。
旧知のネッ友が製作に関わっているゲーム。
ザ・弾幕美、と言われてる(らしい)のを目の当たりにする。
変態的に画面を覆いまくる敵の弾幕だけど、ちゃんと見てれば避けるルートも示されている。

何これ…どんな設計なんだよ…プレイヤーからすればシューティングだけど、製作者からするとパズルなんじゃないのか。

プレイヤーが弾に当たらない安全地帯とそれを縫うように展開される弾幕って図は。

祭典特化でスチーム版購入キーカードが割引販売だったり、ゲームだけでなく関連グッズも販売されてたり、会場内には前回もあったけど飲食販売と飲食用テーブルがちゃんとあったりとぬかりはないと言うか、まるで文化祭のようだ。

一般的なパッケージゲームなんかは取り扱いないけれど、ダウンロード専売の知る人ぞ知るゲームにも面白いのたくさんあるなあ、と改めて思いました。

「悪魔城ドラキュラ」テイストのゲームもやってみたかったなあ(行列なかなか減らずに断念した)
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 15:04| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック