2017年04月29日

マーベル展 in 六本木ヒルズ

六本木ヒルズで開催中のマーベル展へ行って来ました。
公式サイト http://www.tokyocityview.com/marvel-exhibition/

MARVELってマーヴェルって表記が一般的では無かったのか!?

地下から六本木ヒルズへ上がるエスカレーターで既に展示会の広告がデカく張り巡らせており、ファンにはたまらん仕様になってます。

六本木ヒルズの正面はオフィスの入り口だったようグルリと回って階段を上がり2階からエレベーターで52階、だったかな?の会場へ。

高速エレベーターだったようだけど、動きがほとんど感じられませんでした。
凄え技術だ!

基本的に展示物は撮影不可ながら、いくつか撮影スポットは存在していました。
本物はダメだけどレプリカなら良いよ、って事か。

出だしから数メートルある巨大なアイアンマン・マーク43、かな?がお出迎え。

コミックスの原画が思いの外大きくてビックリしました。
コミックス自体はA4くらいなのに原画はA3ほどの大きさなんです。
そこまでデカイと描きにくくないのかなあ?

マーブルコミックス第1号も展示されていましたが、それ…わざわざ書いてないけどスッゴイ価値のある代物なんじゃないんですか…

作品紹介パネルとキャラフィギュアと一緒にコミックスとその原画が飾られていました。
部屋の中央には映画で使われたコスチュームが。
戦闘服だけでなくオフの時の私服までも。

割れたキャプテンアメリカのシールドが展示されてたけど、割れた事あったっけ?

それにしてもみんなデカイなあ。

アイアンマンスーツはレプリカの等身大フィギュアと違いちゃんと指まで動かせるようになってます。
当たり前か。

作品ごとに多少ブースは分かれており、最後はテレビシリーズやアニメなども。

コミックスでは日本の漫画家やイラストレーターとのコラボ絵や、歴代の表紙を飾ったイラストが。

後はゲーム。
でも日本で販売されたカプコン製のとツムツムだけだったか。
セガとかアクティビジョンとかからもゲーム出てるじゃーん!
国内未販売もあるけど。

そして物販へ。
また、コラボカフェも展開しています。

もっと原作寄りな展示でも良かったと思うんだけど映画の物と半々くらいの感じかな。

会場を後に下の階へ降りるとホットトイズのフィギュアがこれでもかと展示販売されていました。

等身大のキャストフィギュアがもうそっくりで。
フィギュアは大きいものから小さいものまで、なりきりグッズなんかも。

下に降りたら今度は円形広場に、ハルクとハルクバスターが戦っている巨大(等身大ではないと思う)なジオラマフィギュアが、その全面に全種類アイアンマンやマーブルヒーローの可動フィギュアが数十体並べられているいました。

ひょっとして、この企画展って物販の販売促進のために行われているのでは…

まあ楽しかったですけどね。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック