2016年04月27日

よい風呂の日・ヤマザキ春のマリまつり2016

4/26(火)、東京青山の月見ル君想フで開催されたイベント、
「よい風呂の日・ヤマザキ春のマリまつり2016」
http://www.moonromantic.com/?p=28914
へ行ってきました。

去年に引き続き開催された、漫画家、ヤマザキマリさんと、とり・みきさんを主軸としたバンド。
周りを固めるのはミュージシャン方々と言うね。

ヤマザキマリ/ボーカル
とり・みき/ギター
伊藤健太/ベース
葛岡みち/キーボード
サンコンJr./ドラム
松井泉/パーカッション

ライブは二部構成。
前半はイタリアの楽曲が多かったんだったかな?

ややアップテンポな「Fly Me to the Moon」を皮切りにライブはスタートし、だいた、2曲ごとに曲の解説などのMCを、とりマリのお二人が行っておりました。

「イパネマの娘(Garota de Ipanema)」の4ヶ国語バージョンも。
これ定番曲なのかと思ってたけど、ちょっと久しぶりとかおっしゃられていたかな。

後半は色々と。
「甘い囁き(パローレ)」の男性語り部分、共作漫画家バージョンが行われたり、とりマリのオリジナル楽曲「Alem do mar e ceu(海と空の彼方)」(作曲:田中潤 ex.ゲントウキ/作詞:ヤマザキマリ)が初お披露目されたり、渡辺真知子「ブルー」を熱唱されたり(凄くハマってた)、最後は「Mas Que Nada」でオパー!オパー!オパー!

アンコールは、とりマリのお二人だけアコースティックな感じで、「Carinhoso」「砂に消えた涙」で締め。

終わってみれば2時間半ほどの長丁場でした。
皆さん、お疲れ様でした。

ヤマザキマリさんの息子さん、デルスくんが売り子やお手伝いもしながら(させられながら?)あっちこっち駆け回っては「うちの親がうんぬん」と挨拶しまくってたのも印象深かったです。

自分の誕生日プレゼント(4/24でした)がわりのライブ参加でしたが、最初から最後まで非常に楽しめて良かったです。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 07:53| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | CD・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック