2012年12月14日

「ホビット 思いがけない冒険」(3D/吹替)

『ホビット 思いがけない冒険』(3D/吹替)を観てきました。
http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitpart1/

[監]ピーター・ジャクソン
[出]  マーティン・フリーマン イアン・マッケラン リチャード・アーミティッジ
[声]森川智之 羽佐間道夫 東地宏樹
[配給] ワーナー・ブラザーズ映画/アメリカ・ニュージーランド/2012
[時間] 170分

ホビットが指輪を拾うお話。


『指輪物語』(映画『ロード・オブ・ザ・リング』)の前日譚『ホビットの冒険』を原作としまたしても3部作(当初は2部構成だったらしい)としたものの第1段。
監督が『指輪物語』と一緒だし主要スタッフもほぼ同じなのかな?

(たぶん)商業的にうまくいった(のであろう)『指輪物語』の前日譚なだけにそのままこの本編には入らず、『指輪物語』の主人公であるフロドに『ホビットの冒険』の主人公ビルボが書き記してゆくお話、と言う入り方で始まります。(2人の掛け合いがある)

『指輪物語』よりも前の話ではあるけれども、この話は全ての始まりと言うわけではなく、それより先の大戦から時を経ての事なのでちょこっと歴史が語られます。

そこから突然、何の前触れもなく冒険にいざなわれて行くのです。

それにしても『指輪物語』より50年前の話なのにこの時点でガンダルフはもう爺さん。
あれ?人間なはずじゃなかったか?なんで長寿なの?

だとか、

あれあれ?もう既にエルフ王と知り合いなの?

だとか、

この映画の話自体が、出来上がってる歴史の中での一場面にしかすぎない事を知らされる事でしょう。

VFXは申し分ないです。
もう特殊メイクとかほとんどなくキャストの動きだけ取り出してCGかぶせてるんでしょうね。
絵的には凄いんだけど何か物足りない気がするのは気のせいかな?

だけど3Dで観る必要性は感じられなかったかなあ。

長く壮大な物語の前日譚でありながらこちらも負けず劣らずなお話、の第1段でありました。

まぁもっと時間短縮出来そうな部分あるけどね。

何も考えずに楽しむ娯楽作品です。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 15:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ホビット 思いがけない冒険 : さあ、本当の冒険の始まりを案内しよう
Excerpt:  昨日の選挙、自民党が予想以上の圧勝でしたね。また、問題ありありの大物政治家も多数落選しました。但し、何時も思うのが比例復活。あの制度だけは、さっさと辞めて欲しいもの
Weblog: こんな映画観たよ!-あらすじと感想-
Tracked: 2012-12-17 17:34