2012年10月27日

「009 RE:CYBORG」(3D)

「009 RE:CYBORG」(3D)

『009 RE:CYBORG』(3D)を観ました。
http://009.ph9.jp/

[監]神山健治
[声]宮野真守 小野大輔 斎藤千和
[配給] Production I.G /ティ・ジョイ/日本/2012
[時間] 107分

ビジュアルもストーリーもリアルな感じにしたサイボーグ009。


リブートではなく流れとしては今までの延長線上の時間軸にある作品です。

009は世代的にはアニメから入ったクチです。
後追いで原作漫画も多少は読んでいるものの頭に入っているんは「ブラック・ゴースト編」のみ。
だから009は語れませんのでこの映画観て「これは違う」とか「これぞ009」とか言えません。

でも面白かったですよ。

神山監督らしい作品と言いますか。
ぼーっと観てたら全然分からんお話。
まぁ、ぼーっとしてなくても分かりにくい面はあるけれど(苦笑)。

あいつ誰やねん?とか、あれは何やってん?とか。

最初、なんかキャラの動きがぎこちなく感じました。
これ3DCGモデリングキャラにセル風の処理をほどこしているんだとか。
多分、編集の際には従来のセルアニメの動き同様のコマ割りはされているんでしょうけれど、そこに違和感を感じましたね。

キャラの見た目にシルエットでも分かるアイコンが全キャラほとんど取られてしまっているので賛否両論あるようですが、観てたらこれも気にならなくなりましたね。

CGだからこそ実車のようにぐりんぐりんとキャラを中心にカメラを回したり、スローもハイスピードもお手の物なのでしょう。
そこらは凄いと思いましたよ。

ただ、この作品はリアル志向なのでそれほど必要ないのかも知れませんがアニメならではの誇張した表現はしづらさそうですね。

音響はスカイウォーカー・サウンドが参加してるけれども…違いわかんないよ…

まーあれだ、エ0エ09とエ0エ03もお楽しみにの一部です。
観れば分かります。

ところで…ジェットって全裸?
観れば分かります。

もっと分かりやすい娯楽映画でも良いけどなー、でもこれが神山印なんだろーな。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 23:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299290105

この記事へのトラックバック

『009/RE:CYBORG』(2012)
Excerpt: 最初にサイボーグ戦士たちのキャラクター・デザインを見た時はガッカリしたのだけれども、実際に見てみると一本の映画として楽しめるものになっていて、まずはメデタシメデタシ。 2013年、全世界に同時多..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2012-10-29 20:36