2012年10月25日

「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」

『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』を観ました。
http://www.gavan.jp/

[監]金田治
[出]石垣佑磨 大葉健二 滝裕可里
[配給] 東映/日本/2012
[時間] 82分

宇宙刑事ギャバン30周年記念オリジナル劇場用作品。


2代目ギャバンが復活を目論むマクー(初代の敵ボス:ドン・ホラー)と対峙するお話。
恋の要素もちょっとあるよ。

リアルタイム世代からすれば大葉健二ギャバンが最大の目玉であり、鼻に付く感のある2代目はどーでもよろしい(ヒドイ)。

でもこの作品では2代目ギャバンが主人公なので彼を中心にお話は進みます。
宇宙刑事シリーズの続編、シャリバン(赤いの)とシャイダー(青いの)も登場しますが、初代ギャバン同様客演にしかあらずちょろっと出てきて必殺技をはなって終わりって感じ。

もっとからんでくれれば良かったのに!

『海賊戦隊ゴーカイジャー』の劇場版でのギャバン登場がよほど評判が良かったのか、はたまたせっかく新素材で新造形したんだから何かしら作品作ろうよと言った大人の事情からか、偶然にも誕生30周年とかち合ってオリジナル劇場版が誕生したわけであります。

BGMやSE、盛り上がるシーンで主題歌がきちんと当時のままのオリジナル版のがかかるのが古参ファンには嬉しいところ。

お話自体は謎の部分がすぐにわかっちゃうような出来ですが。

この映画の肝は大葉健二さんの生身のアクションとキラキラ輝くシルバーボディのギャバンの姿に尽きるでしょう。
シャリバン、シャイダーも必殺技シーンかっこ良かったよ!

ドン・ホラーの声が飯塚昭三なのも感動。(オリジナルと同じ)

願わくばOVA展開や劇場公開ではなくテレビシリーズとしてそれ相応の時間帯でやってくれる事を願うのみ。
これは『宇宙戦艦ヤマト 2199』にも言える事だけど。

入場者特典がレーザーブレード・ストラップだったのでそれも満足。
けど、物販にあったレーザーブレード型ボールペンもなかなか良かったな。

まぁ、これも思いっきりファン向け作品ではあるんですけどね。
もうちょっと何かしら欲しかったなー。

※ギャバン豆知識
・初代ギャバンが跳躍する時の掛け声は「チュウー!」
・主題歌の「光の速さで明日へダッシュさー」の後の合いの手は「ビーム」
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 01:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』(2012)
Excerpt: 河井衣月が務める宇宙物理学研究開発機構「SARD」が、宇宙犯罪組織マクーに襲撃された。間一髪で彼女を助けたギャバンと名乗る宇宙刑事の正体は、衣月の幼馴染みの十文字撃だった。一年前、撃とやはり幼馴染みだ..
Weblog: 【徒然なるままに・・・】
Tracked: 2012-10-25 23:15