2011年03月27日

「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」

映画「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D」を観ました。
ブログ:http://www.ph9.jp/ 

攻殻機動隊の新作映画とばかり思っていたんですが、これ数年前に出た長編OVA作品に手を入れて3D映像化にしたものだったのですねぇ。
と言うかその作品のDVD、廉価版で持ってた!(まだ観てなかった)

お話はちょっと難し目?
とある事件を追う9課の面々は非常に複雑なカラクリや政治的判断に悩まされた上、かつての同僚(今は離職中)素子の影が事件の裏に見え…

いやそれよりも舞台設定を知ってないと入りにくいのかも。
ナノマシンやらサイボーグ体である偽体やら精神でネット世界に入り込んだりと電子科学がやたらと発達しているって事がまず基本にあり、それらのシステムの裏をかいて犯罪を犯す連中がおり、それらを取り締まるの9課のお話ですからね。

この時代の人々はコンタクトレンズをはめるくらいの感覚で体を偽体化させているっぽいなぁ。
怖い。

又、素子なんて精神体だけの存在で体は器でしか無い様な感じ。
まるでバケルくん(藤子F)じゃないか!

最後までどっきどきの…サスペンス?
楽しめる作品です。

お次は映像面の事。
画面上は若干の立体視差はあるものの抑えた感じであまりキャラが背景の前の方にいるって事はなかったです。
もっぱら3D演出に力を入れられていたのは画面が一人称視点になり、その一人称の人がオンラインテクノロジー(通信)を使った時ですね。

3D表現はそう言った特殊効果みたいなのを表すのにはもってこいだと思う。
ビジュアルが映えるんでしょうかね。

ほんとこの3D演出は「映画 あたしンち 3D」のものと甲乙つけ難い(笑)。

あ、OPは新作らしいですよ。

さぁお話をより理解するために買ってあったDVD見ないとね。 
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 19:08| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192784461

この記事へのトラックバック