2017年04月29日

マーベル展 in 六本木ヒルズ

六本木ヒルズで開催中のマーベル展へ行って来ました。
公式サイト http://www.tokyocityview.com/marvel-exhibition/

MARVELってマーヴェルって表記が一般的では無かったのか!?

地下から六本木ヒルズへ上がるエスカレーターで既に展示会の広告がデカく張り巡らせており、ファンにはたまらん仕様になってます。

六本木ヒルズの正面はオフィスの入り口だったようグルリと回って階段を上がり2階からエレベーターで52階、だったかな?の会場へ。

高速エレベーターだったようだけど、動きがほとんど感じられませんでした。
凄え技術だ!

基本的に展示物は撮影不可ながら、いくつか撮影スポットは存在していました。
本物はダメだけどレプリカなら良いよ、って事か。

出だしから数メートルある巨大なアイアンマン・マーク43、かな?がお出迎え。

コミックスの原画が思いの外大きくてビックリしました。
コミックス自体はA4くらいなのに原画はA3ほどの大きさなんです。
そこまでデカイと描きにくくないのかなあ?

マーブルコミックス第1号も展示されていましたが、それ…わざわざ書いてないけどスッゴイ価値のある代物なんじゃないんですか…

作品紹介パネルとキャラフィギュアと一緒にコミックスとその原画が飾られていました。
部屋の中央には映画で使われたコスチュームが。
戦闘服だけでなくオフの時の私服までも。

割れたキャプテンアメリカのシールドが展示されてたけど、割れた事あったっけ?

それにしてもみんなデカイなあ。

アイアンマンスーツはレプリカの等身大フィギュアと違いちゃんと指まで動かせるようになってます。
当たり前か。

作品ごとに多少ブースは分かれており、最後はテレビシリーズやアニメなども。

コミックスでは日本の漫画家やイラストレーターとのコラボ絵や、歴代の表紙を飾ったイラストが。

後はゲーム。
でも日本で販売されたカプコン製のとツムツムだけだったか。
セガとかアクティビジョンとかからもゲーム出てるじゃーん!
国内未販売もあるけど。

そして物販へ。
また、コラボカフェも展開しています。

もっと原作寄りな展示でも良かったと思うんだけど映画の物と半々くらいの感じかな。

会場を後に下の階へ降りるとホットトイズのフィギュアがこれでもかと展示販売されていました。

等身大のキャストフィギュアがもうそっくりで。
フィギュアは大きいものから小さいものまで、なりきりグッズなんかも。

下に降りたら今度は円形広場に、ハルクとハルクバスターが戦っている巨大(等身大ではないと思う)なジオラマフィギュアが、その全面に全種類アイアンマンやマーブルヒーローの可動フィギュアが数十体並べられているいました。

ひょっとして、この企画展って物販の販売促進のために行われているのでは…

まあ楽しかったですけどね。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:25| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

「劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」

『劇場版 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を観ました。
公式サイト http://d-conan.jp/movie21

[原作] 青山剛昌
[監督] 静野孔文
[脚本] 大倉崇裕
[声] 高山みなみ 堀川りょう 宮村優子
[配給] 東宝
[国/時間/年] 日本/112分/2017年

大阪・京都を舞台に繰り広げられる事件と恋の物語


西の名探偵、服部平次が主役と言っても過言ではない今作。
舞台が舞台だけに関西弁が舞まくりです。

声優さんもわりと西側出身の方々が起用されているもよう。

平次の堀川りょうさんが大阪出身。
和葉の宮村優子さんが兵庫出身。
紅葉のゆきのさつきさんが京都生まれ滋賀育ち。
平次の父・平蔵の山路和弘さんが三重出身。
大阪府警遠山銀司郎のてらそままさきさんが兵庫生まれ大阪育ち。
大阪府警大滝警部の若本規夫さんが山口生まれ京都育ち。
京都府警の綾小路の置鮎龍太郎さんが大阪出身。
他事件に関わったキャラの声優さんは近畿出身の人が多いです。

ゲスト声優も宮川大輔さん(大阪)、吉岡里帆さん(京都)と言った徹底ぶり。

関西弁のアクセントおかしいと西の人間うるさいからなあ(笑)

しかも、同じ「おおきに」(「ありがとう」の意)でも大阪と京都でアクセント違うし。
ま、そーゆー細かいアクセントの違いはどの地方へ行ってもあるとは思いますけどね。

事件やトリックは普通のミステリー調ではあるが、アクション部分はコナンの使う秘密兵器などが活躍しているためファンタジーな雰囲気が。

いやいや、そんなんないやろ。漫画か!とツッコミ入れたくなるような場面が少なからずあったんですよ。
アンテナで加速とか、巨大サッカーボールとか、爆風で飛距離伸ばすとか。

しかし冒頭から大阪の読売テレビ(劇中では日売テレビ)が舞台になってたりと、なんか見知ってる場所が出てくると面白く感じますね。

「爆破された大阪のシンボル!」のアオリがあり、読んでみると日売テレビが、とか書いてる記事にも思わず突っ込まずにはいられません。

いつから大阪のシンボルになっとんねん!?
ええとこ、京橋のシンボルやし、実際のところ、京橋のシンボルはツインタワーかグランシャトーと思うわ。

平次が紅葉に抱きつかれ「(この姉ちゃん、乳デカ!)」って心の中で叫ぶセリフには、平次も男の子なんだなーと微笑ましかったです(笑)

平次には何かとうかつなイメージを持っているので(周囲確認怠ってコナンに対して工藤と呼んだり)、今回もそんな感じかと思ったらまさかの…そんなオチでええんですか…

ところで、こーゆー、決まった土地を舞台にした作品ってその地域での興行成績上がるんですかね?

コナンファンは当然観る。
平次・和葉ファンはさらに観る。
地元民はより観る。
とかいった具合に。

まあ、普段乗り換えに利用している京橋駅近くが舞台の1つだったため非常に楽しめました。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 20:29| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

ヤマザキ春のマリまつり2017

今年もやってまいりました、4月26、良い風呂の日。
そしてその日に開催される、漫画家、ヤマザキマリさん、とり・みきさんのライブ。

今回もボサノバを中心に聴かせてくれました。

http://www.moonromantic.com/?p=33355

とりマリ&エゴサーチャーズのメンバーは以下の通り。

ヤマザキマリ(Vo)
とり・みき(Gt)
葛岡みち(Key)
伊藤健太(Ba)
松井泉(Per)
スペシャル助っ人ドラマー:GRACE(Dr)
※今回サンコンJr.さんはお休みです

覚えている楽曲は知ってる楽曲になってしまうので非常に少ないですが、

・Fly me to the moon
・いい湯だな
・空と海の彼方(とりマリオリジナル曲)
・あの時君は若かった

なんだったか、山下達郎さんの曲もありました。

前回聴いてもう一度聴きたいと思っていた「Fly me to the moon」の演奏があって良かった。
アップテンポなジャズっぽい感じなんですよ。

今回は見知った人はあまり見かけませんでしたが、打ち上げにも参加し最後まで堪能しましたとさ。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 10:19| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

「レゴ バットマン ザ・ムービー」(吹替)

『レゴ バットマン ザ・ムービー』(吹替)を観ました。
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/

[原題] THE LEGO BATMAN MOVIE
[監督] クリス・マッケイ
[脚本] セス・グラハム=スミス クリス・マッケーナ
[出演] ウィル・アーネット マイケル・セラ ロザリオ・ドーソン
[吹替] 山寺宏一 小島よしお 沢城みゆき
[配給] ワーナー・ブラザーズ映画
[国/時間/年] アメリカ/105分/2017年

レゴ バットマン(実際に商品がある)のコメディ映画


まるでレゴを用いたストップモーションアニメかのような印象も受けるが、全編CGで作られております。

バットマン=ブルース・ウェインの自宅での寂しい生活を描いてたり、バットマンにお前などライバルでもなんでも無いと言われ悲しんで目を潤ませるジョーカーなど、本編では決して見る事が出来ないシーンばかりあります。

CGアニメなのにところどころ実写映像を入れてきたりもするし、何だか製作者の好き勝手に作ってるようにも。

ロビンが空気読めないはしゃぎまくりキャラでちょっとうざったく感じたりもしましたし。

でも、爽快なアクション、痛快なお話、ハッピーエンドと楽しめる娯楽作品になっているのではないでしょうか。

っつっても、夜勤明けで観てて音声だけ聴いてるような状態での鑑賞だったんですけどね。

小島よしおさんがキャラと声も演技も相性があってて意外な感じでした。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 08:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

「ゴースト・イン・ザ・シェル」(吹替)

『ゴースト・イン・ザ・シェル』(吹替)を観ました。
公式サイト http://ghostshell.jp/

[原題] GHOST IN THE SHELL
[原作] 士郎政宗
[監督] ルパート・サンダース
[脚本] ウィリアム・ウィーラー
[出演] スカーレット・ヨハンソン ピルー・アスベック チン・ハン
[吹替] 田中敦子 大塚明夫 山寺宏一
[配給] 東和ピクチャーズ
[国/時間/年] アメリカ/120分/2017年

アニメ『ゴースト・イン・ザ・シェル/攻殻機動隊』及びテレビシリーズのハリウッドリメイク版


って、言って良いんじゃないの?
押井版(映画)だけでなく神山版(テレビシリーズ)もなのは登場人物や描写がそっちにも踏み込んでいるから。

ハリウッド、欲張ったなあ。

と映画鑑賞前に上記まで書いてたのであうが、いやはや、脚本無茶苦茶練られてましたよ!

これはオリジナル版を知らなくても楽しめるし、知ってると更に楽しめる作品です。

少佐の名前が「ミラ・キリアン」と言う名だったりします。
誰や、お前…

観終わったらバトーじゃないけど「素子ー!」って叫びたくなりました。

メインの吹替キャストはアニメ版でもそれぞれ「少佐」「バトー」「トグサ」「イシカワ」を演じた方々。

アニメの声もやってるけど、外画吹替もやられているメンツ。

今作はアニメの実写版と言う面もあり、吹替はアニメか吹替かどっち寄りな演技になるのかなあ?と思ってました。

結果は「プロってやっぱ凄いわ」と思わされる事になるんですがね。

縮小再生産みたいになるんかな?と若干思ってたのでくつがえされて良かったです。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 21:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

「キングコング:髑髏島の巨神」(吹替)

「キングコング:髑髏島の巨神」(吹替)を観ました。
公式サイト wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/

[原題] KONG:SKULL ISLAND
[監督] ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
[脚本] ダン・ギルロイ マックス・ボレンスタイン
[出演] トム・ヒドルストン ブリー・ラーソン サミュエル・L・ジャクソン
[吹替] GACKT 佐々木希 手塚秀彰
[配給] ワーナー・ブラザーズ映画
[国/時間/年] アメリカ/118分/2017年

謎の島は巨大ゴリラを含めた巨大生物の住まう場所だった!


…エンドロールまでが挿入部でエンドロール後のが本編なんじゃないのか…

副題が若干ネタバレしてますよね、これ。

もう最初のキングコングって、人間の女性に惚れてエンパイアステートビルによじ登る、って部分しか覚えてないですけど、あのコングってモンスターみたいなんだったっけ?

今回のは完全に一部の人間のエゴで大事になってしまったってお話。
後はコングを中心に巨大生物が暴れ倒すアクション満載。

そもそもなんでゴリラなん?と思ってしまうが、アメリカ人のゴリラ感はキングコング以前からこんなイメージなんですかねー?

吹替に関しては、GACKTの声はGACKT本人かアニメキャラのしか合わないような気がしますね。

一方、佐々木希はわりと普通の吹替として聞けました。

この差はなんなのだろう?

時代設定は第二次大戦から40数年後とか言ってたから、日本では昭和半ばって事ですね。

この作品の直接の続編ってわけではないのかも知れませんが、エンドロール後のお話も楽しみであります。
posted by かぶ(テーマソング:「あの時君は若かった/ザ・スパイダース」) at 18:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする